建物の劣化対策から責任保証まで、タイル建物研究所にご相談ください

TEL:06-6348-2555 ico_mail

トラブル解決

トラブル解決

建物故障にともなうトラブル。
所有者利用者と工事会社販売会社という当事者でない、第三者の建築設計事務所(建築士技術者)として、建物故障にともなうトラブルを解決します。
タイル研では各種業務を提供できます。事情に合わせてご活用ください。

原因検証

建物故障の原因推定に供するための調査各種試験を行い、その結果を分析します。
・コンクリートの圧縮強度試験
・鉄筋配筋存否調査
・コンクリート中性化試験
・タイル故障部位の供試体採取
・タイル施工時の接着剤等分析試験
・コンクリート、モルタルの混和剤分析
・寒暖差による劣化状況の判定調査
・コンクリートひび割れの発生原因調査
・不同沈下調査

弁護士業務協力

建物故障が経年劣化によるものか、建築時の施工方法によるものか、その可能性を建築技術的に探求します。法的対処が必要な場合には「協力建築士」として弁護士業務を補助します。
工事に着手してからの問題発覚による工事中断・工期遅延を、事前調査で防ぎます。

色合わせタイル

外壁タイルの補修時に、既存タイルと色が違ったタイルを張られてしまうと、せっかくの外観が台無し。資産価値を大きく下げてしまいます。
タイル研では、お望みのタイル※を工事着手前に確保。時間切れによる見切り発車で、色違いのまま改修工事を終えることがなくなります。安定した品質での補修工事の実現をお約束します。
※輸入タイルや床タイルなど、色合わせできない場合もあります。
色あわせタイル1
色あわせタイル2

仕上げ材のアスベスト含有調査

大気汚染防止法の一部改正により、解体工事等の受注者は、特定粉じん排出等作業に該当するか否かの調査を行う必要があります。
該当する場合には、その対策のために工事が一時中断し工期が遅延する可能性があります。それを防ぐために、工事発注前にこの調査を行います。
瑕疵への担保も万全です。

改修工事瑕疵保険のあっせん

マンション大規模修繕工事の瑕疵(かし)保険をあっせんします。
・修繕工事後の欠陥や不具合など(瑕疵)の補修費として保険金をお支払します。
・現地にて、保険会社の検査員による第三者検査を行います。
・工事会社が倒産等を含め瑕疵担保責任を履行しない場合、保険会社に保険金を請求できます。
※保険会社 : ハウスプラス住宅保証株式会社

調査設計に関わる賠償責任の担保

弊社は、建築士業務上のミスにより、建築物や他人に損害を与えたとき、法律上賠償しなければならない損害を賠償する保険に加入しています。
特に宅建法に定めるハウスインスペクションの業務上の不測の事態への賠償資力を確保するための保険にも加入しております。業務を委託頂く際には安心です。

<< 前のページに戻る