建物の劣化対策から責任保証まで、タイル建物研究所にご相談ください

TEL:06-6348-2555 ico_mail

補修修繕

補修修繕

建物の故障、何から始めますか?
工事会社に電話し、修理の見積もりを依頼することからでしょうか。
見積もりを依頼する前に、自信で故障の原因や最も実情にふさわしい工事方法を判断し、工事内容や予算を検討しましょう。この事前の準備が、結果的には無駄な費用をかけずに納得した結果につながります。
タイル研では、あなたの判断の助力やアドバイスを行います。
各段階でいろいろなメニューを用意しております。
ご事情に応じて、ご利用ください。

改修設計
改修設計は新築設計とは違い、これまでの経緯や現状を的確に処置し、かつ、居住者利用者のストレス低減策を講じるための技術や経験が問われます。故障の原因をとらえて対策し、工事方法のメリットやリスクを発注者に開示しておくことが、納得の改修設計の要です。
工事見積・監理・アフター
無駄をなくし公正な方法で工事見積を取得し、最もふさわしい工事会社を選定。発注者にとっての最善の補修改修工事を実現して、完了後も工事不具合の有無や、新たな劣化の進行状況を定期的にチェックします。
長期修繕計画
場当たり的な修理工事ではムリ無駄が生じます。地域や建物の特性に応じて、維持保全・修繕の時期と工事内容や予算を30年超の長期に亘って立てておく。劣化状況や社会変動に応じた修繕計画の見直しも、トータルコストの削減につながります。

<< 前のページに戻る