建物の劣化対策から責任保証まで、タイル建物研究所にご相談ください

TEL:06-6348-2555 ico_mail

定期点検

定期点検

建物の劣化は、地震や台風などの突発的な災害を除き、急激に進むものではありません。目に見えない速度で進行していきます。重症になる前に故障を発見し、大きな被害を未然に防ぐために建物の定期点検を行います。
日常管理では目の届かない部分を定期的にチェック。劣化の進行状況を観察し、補修・修理のタイミングを計ることを目的に行います。
(定期点検で見つかった各種の不具合については、特集記事をご参考ください。)

定期点検のメリット ・修繕必要時期の予測ができますので、中長期の修繕計画が立てられます。
・修繕方法を比較検討するための基礎資料になります
・比較的軽度の劣化の状態で保全処置ができます。
・大規模修繕工事での工事費を安くすることができます。

点検個所の例 ・躯体(コンクリート)
・防水材(屋上、ルーフバルコニー、バルコニー、階段等)
・仕上材(外壁塗装、外壁タイル、軒裏、廊下床、バルコニー床、階段床等)
・設備関係(給排水管、空調換気設備等)
点検個所の例1
点検個所の例2
点検個所の例3
点検個所の例4
点検個所の例5
点検個所の例6

定期点検の利用方法 タイル建物研究所では、それぞれの建物の劣化の進行程度を、定期的に観察し、必要に応じて対策を提言します。
・年に一度の定点観測での点検報告
・点検で判明した劣化に応じた部分補修工事見積取得
・部分補修工事の実施
・地震や台風時の臨時点検
弊社では、技術者の稼働人日を規準に点検業務を提供しております。ケースに合せて積極的にご活用ください。

<< 前のページに戻る