建物の劣化対策から責任保証まで、タイル建物研究所にご相談ください

TEL:06-6348-2555 ico_mail



外壁タイルの剥落・割れ・浮き

外壁タイル剥落
原因には、タイルの張り方(接着材や工事期間・時期等)、下地の具合(コンクリート肌面や、下地材)等の、新築時の問題の他、地震や台風などの災害の力などが考えられます。
その原因を、タイルのはがれ方を慎重に検分することで見極めて、対策を講じる必要があります。
たとえば、浮き故障だけでタイル面が強固なら、費用対効果の高い方法を選んで樹脂を注入します。また、下地が動く (といっても目には見えませんが) 場合には、その動きに対応できるよう修理する必要があります。
外壁タイル剥落
外壁タイル剥落
外壁タイル剥落


表面下(防水材や仕上げ材裏)への漏水

表面下(防水材や仕上げ材裏)への漏水
屋上やバルコニーなどの表面仕上げの裏面に、雨水が漏れて溜まっていることがあります。
これは、防水材の施工不良や異常気象、台風などの被害などのほか、防水や床仕上げ材の改修により入った雨水が抜けられなくなることの原因もあります。
雨が当たる部分の改修には、水や水蒸気の抜け道を確保するという配慮が必要です。
表面下(防水材や仕上げ材裏)への漏水
表面下(防水材や仕上げ材裏)への漏水
表面下(防水材や仕上げ材裏)への漏水
表面下(防水材や仕上げ材裏)への漏水
表面下(防水材や仕上げ材裏)への漏水


コンクリートのひび割れ

コンクリートのひび割れ
鉄筋コンクリート造の建物では、コンクリートと鉄筋それぞれが、建物の重さや地震台風など外からの力に対応する強度を担っています。またコンクリートはアルカリ成分で中の鉄筋を錆びから守っています。
コンクリートのひび割れは、新築時の配慮不足、温熱環境、乾燥収縮そして地震力などによって生じますので、原因を考えたうえで補修することが大切です。
コンクリートのひび割れ
コンクリートのひび割れ
コンクリートのひび割れ
コンクリートのひび割れ
コンクリートのひび割れ
コンクリートのひび割れ
コンクリートのひび割れ


漏水のあるひび割れ

漏水のあるひび割れ
鉄筋コンクリートのひび割れに雨水が入り込むと、中の鉄筋を錆びさせます。
錆びた鉄筋は膨れて周りのコンクリートを押し広げひび割れを増し、さらに水を呼び込み鉄筋を腐食させるという悪循環、ついにはコンクリートを剥落させます。鉄筋が錆びたりコンクリートが剥落して所定の強度を発揮できなくなったとき、建物は寿命を迎えます
雨水が浸透しているひび割れは、早期に補修して、建物の寿命を延ばしましょう。
漏水のあるひび割れ
漏水のあるひび割れ
漏水のあるひび割れ
漏水のあるひび割れ
漏水のあるひび割れ


鉄部の腐食

鉄部の腐食
鉄は錆びます。放っておくと部材が朽ちてしまいます。
鉄がコンクリートにつながっている部分では、錆がコンクリートを傷めますので、錆を防ぐ措置が大切になります。アルミやステンレスの部材は錆びにくいですが、部材のコンクリートととの接続は、コンクリートの中に入っていて表面からは見えません。隠れた錆びに注意してください。
鉄部の腐食


仕上げ材のトラブル…その他

仕上げ材のトラブル…その他
建物の寿命は、水対策で決まります。
これは鉄筋やコンクリートなどの骨組みに限ったことではありません。塗装やタイル、床シートなどの表面仕上げ材にもおなじことがいえます。水対策がおろそかでは、せっかくのお化粧が台無しになってしまいます。
漏水のあるひび割れ
水は、思わぬところからも浸入します。
庇の上も、外壁とおなじ塗料では、雨水が塗装の下に入り込んで溜まり、塗装材を膨らませます。
放置しておくと、塗膜が敗れて塗装がはがれます。コンクリートの保護という役割も、美観も損ねる結果となります。

漏水のあるひび割れ
外壁塗装の裏にこれほど水が溜まるには、大きな原因が… そこを放置して塗装をすると、こうなります。

漏水のあるひび割れ
床の仕上げも、水の浸入を考えて措置しないと、しわや浮き、剝れの原因になります。

<< 前のページに戻る